ハゲのメカニズム

髪の毛が薄いと言われたら、女性よりも中年の男性をイメージしますが、何故女性よりも男性の方がハゲている人が多いのでしょうか。それはハゲる原因が男性ホルモンに由来するものだからです。 5αリダクターゼと言った物質が男性ホルモンに作用し、ハゲを引き起こすのです。 今回はハゲになるメカニズムについてまとめてみました。

5αリダクターゼには2種類あり、1型と2型があります。どちらも脱毛に関係してくるのですが、1型は前頭葉やヒゲに関係しているのに対して、2型は頭全体に関係しています。
どちらかと言えば、この2型リダクターゼを抑制することが重要となります。 2型リダクターゼは毛根で男性ホルモンと結びつき、ジヒドロテストロン(DHT)に変わります。

このDHTが頭皮の毛乳頭細胞の受容体と結びつき、髪の毛の成長を抑制させるのです。 また、DHTは皮脂腺の受容体と結びつくことで、過剰な皮脂を分泌させ、毛穴を塞いでしまいます。 このようなことが原因で、ヘアサイクルが乱れ、ハゲが進行してしまいます。

はげ対策おすすめサイト

はげ(禿げ)に真剣に悩む人のためのサイト

ハゲの対策について詳しく書かれています。サイト内でタイプ別にわかれてどのような対策方法があるのか書かれています。その他にも、育毛に有効な情報がたくさん掲載されていますので参考になると思います。薄毛に悩む方は一度のぞいてみましょう。