ハゲの対策ってどうやるの?

髪の毛が薄くなる理由は多く存在します。遺伝的なものであったり、ストレスの影響があったりなど、人によって理由も異なってきます。遺伝的なものは改善は困難であるかもしれませんが、自身の不健康な生活によるものは、改善の余地があります。健康的な生活を送って、ハゲ対策に努めましょう。

食事を改善

やはり改善しやすいのは食生活です。カロリーやコレステロールが高い食べ物は肥満に繋がります。一見すると髪への影響に関係無いように見えますが、肥満になることで血管が収縮し、髪に必要な栄養分が届きにくくなるのです。更に血液もドロドロになる効果もあるので、より悪化してしまいます。髪に良いと言われている栄養素は、ビタミンやミネラルと言ったものです。この栄養素だけを摂れば良いと言うわけではありません。
栄養の摂取を意識しつつも、バランスの良い食生活を心がけましょう。

禁煙しよう

また喫煙も髪に大きな影響を与えてしまいます。喫煙にも血管を収縮させる作用があり、栄養が届きにくくなります。しかしそれだけではありません。ニコチンやタールといった物質はビタミンを多く消費させます。煙草1本で約レモン1個分のビタミンを消費する為、
いくらビタミンを摂取しても煙草を吸っては意味がありません。喫煙している方は、禁煙することがハゲ対策に繋がると言えるでしょう。

有効成分

そこで5αリダクターゼの対策として有効とされている成分が、フィナステリドやミノキシジルと言った成分です。フィナステリドは専門医に処方を依頼するともらえる有名な育毛剤の「プロペシア」という育毛剤に含まれています。ただ、フェナステリドの副作用も強く、初期段階では脱毛も確認されている為、注意が必要です。ミノキシジルも育毛剤である「リアップ」に含まれている成分ですが、副作用として頭皮の痒みが確認されています。
どちらの成分もメリット・デメリットがありますので、十分に吟味して使用を考えて下さい。