頭皮の血行の重要性

髪の毛は人間の体の中でも、細胞分裂が活発に行われている新陳代謝の激しい箇所です。
髪の毛は一日に約0.3〜0.4mm伸びると言われ、髪の毛全体の伸びた合計を計算すると一日に30〜40mも伸びている計算になります。
そのため、髪の毛の健康状態を保つために頭部の血行状態は、育毛において重要なカギを握っています。

当然、毎日30m以上髪の毛が伸びるのですから、大量の栄養素が育毛において必要になります。
ただ、毎日十分な栄養を食事やサプリメントで摂取していたとしても、細胞分裂を絶えず繰り返している毛根の毛母細胞にその栄養が供給されていないと、育毛の効果が半減されてしまいます。

髪の毛を作る栄養は、血液によって頭皮にまで運ばれていきます。
しかし、頭部の血管は毛細血管と呼ばれるくらい細い血管が多く存在しているので、頭部の血行状態が悪いと、毛細血管が詰まってしまい髪の毛に必要な十分な栄養が運ばれずに、正しい育毛が行われなくなってしまいます。

よく頭皮が硬い人はハゲやすいと言われますが、頭皮の毛細血管が詰まっている影響で硬くなってしまっているのであれば、ハゲやすいのも理論的には当てはまっています。
そのため、より効果的な育毛を行うためには、まず頭部の血行状態をマッサージしたりすることで良くすることが先決だと言えます。

血行促進についてもっと詳しくみる